MacTeX 2013でTeXShopの設定

引き続き,初期化してしまった Macbook Air 11inch で使う TeXShop の設定を行います.TeXShop の方はやはり奥村先生のページに従いました.

Technorati Tags: ,

続きを読む “MacTeX 2013でTeXShopの設定”

MacTeX 2013のインストール

事情があって Macbook Air 11 を初期化したため,今年三度目の MacTeX のインストールをしました.その過程をメモしておきます.インストール手順については奥村先生の TeX wiki に詳しい解説のページがありそれに従いました.毎度のことながら感謝です. 続きを読む “MacTeX 2013のインストール”

Beamerのフォント変更など

Mac で日本語 LaTeX beamer ファイルを作るときの覚え書きを二つ.

日本語定理環境

Beamerにはamsthmなどから定理環境があらかじめインストールされているのだが,これでは定理環境名が英語になってしまう.日本語の環境名を使うには

\newtheorem{theoremj}[theorem]{\bf 定理}

などとして別名の環境を定義して用いるのが楽なようだ.

続きを読む “Beamerのフォント変更など”

iPadで愛用中のアプリ

2013年4月の時点で私がiPadで愛用しているアプリをリストアップしてみます.研究用にiPadを導入しようと思っていらっしゃる方のご参考になれば幸いです.

GoodReader (450円)

論文や原稿のpdfを読んだり,コメントを書き込んだりするのに使います.とても便利なのでPC版がないものかと思っています.iOSの英和辞書も使えます.

abraMacabra GoodReaderがiOS 5の辞書に対応したみたいなので…

続きを読む “iPadで愛用中のアプリ”

LyX の定理環境名の変更

もう数年前に ysykimura さんに教わったことだが,忘れそうなのでメモ.

LyXの定理環境名は言語に応じて訳されているが,Remarkが所見になっていたりと数学業界とは少し違う訳がついている.これを変更するには次のようにすると良い.

  1. LyX アプリケーションを二本指クリックして表示されるメニューからパッケージ内容を表示を選ぶ.
  2. Contents/Resourcesの中にあるlayouttransrationsというファイルをエディタで開く.
  3. その中の679行目から始まる Translation ja の中の訳語を適宜変更する.私は以下のように変更したものを使っている.
    • “Conjecture” “推論” → “Conjecture” “予想”
    • “Criterion” “基準” → “Criterion” “判定律”
    • “Notation” “記法” → “Notation” “記号”
    • “Question” “問題” → “Question” “問” (“Problem” “問題”とかぶっているため)
    • “Remark” “所見” → “Remark” “注意”

毎回 LyX を更新するたびに書き換えるのは面倒なので,更新の際には layouttranslation を残しておいて新しい LyX に入っているものをそれで差し替えている.

Time Machine バックアップから Xoops サイトを復旧

Mac Pro が故障して以来,その中に設置されていた Xoops Cube Legacy ページがダウンしていたが,故障の直前に取っていた Time Machine バックアップから復旧することができた.その方法をメモしておく.

予備条件

  • ホームページを公開するドメインをもらっている.以下このドメインを http://url/sitename とする.
  • Apache サーバが動いている.
  • MySQL サーバも動いている.MySQL ユーザ名は root であるとする.

手順

  1. MySQL データを復旧
  2. Xoops サイトをアップロード
  3. パーミッションを設定

続きを読む “Time Machine バックアップから Xoops サイトを復旧”

Mac で Xoops サイトを作る

研究室の新しい Mac に Xoops Cube Legacy でホームページを作ります.今回は Xoops Cube Legacy の最新版をインストールするところまで作業します.Xoops Cube はコミュニティサイトなどに広く用いられている CMS で,多数のユーザを登録したりアクセス権限を指定したりできるので授業のページなどにも便利です.使ったパッケージは少し違うようですが

Xoops Cube Legacy 2.2スタータパック導入してみました

に従ってインストールしました. 続きを読む “Mac で Xoops サイトを作る”

MacTeX で LyX を使う

Mac TeX で整備した日本語 TeX 環境で LyX をインストールして使う方法をメモしておきます.より正確には MacTeX で TeX 環境を整備するのように TeX 環境を整備した状態を想定しています.

LyX については ysykimura さんのページ LyX (1)LyX (2)も参考になりました.

2014年11月19日,LyX 2.1.2.2 を導入したのを機に行数などを若干修正しました.

LyXのインストール

LyX のダウンロードページから Mac OSX バイナリの最新版をダウンロードしてきます.この時点では LyX-2.0.3+qt4-carbon.dmg でした.インストールはアプリケーションフォルダにコピーするだけです.私は Mac TeX でさまざまな TeX アプリケーションがインストールされている

/Applications/TeX

に置きました.以下ではこの状況で話を進めます.

続きを読む “MacTeX で LyX を使う”

OS X Lion に XOOPS Cube Legacy をインストール

自分のホームページを設置するために,オープンソースの CMS の一つ XOOPS Cube Legacy をインストールします.

Xoops Cube 日本サイトインストール解説ページにもあるように XOOPS を入れる以前に

が導入されている必要があります.Mac Pro に設置する場合,Apache は web 共有をオンにすれば起動しますし,PHP の設定,MySQL のインストールとそのデータベース管理システムである phpMyAdmin の導入は OS X Lion に mySQL 導入で完了しています. 続きを読む “OS X Lion に XOOPS Cube Legacy をインストール”