LyX 2.1.?? のスペルチェッカー

先日久しぶりに LyX を最新版 (Ver.2.1.2.2) にアップデートした.

相変わらず日本語での属性メニューは上半分しか表示されないが,まあ使えなくはない.テンソル積が Ä と表示されるバグもあるが,インスタントプレビューでは正しく表示されるので,これも問題ない.実は LyX 2.1.2 は MacOS 10.10 Yosemite ではインスタントプレビューが効かなかったのだが,これが Ver.2.1.2.2 で解消されたのだった.

そんなわけでようやく使いやすい新バージョンが出たので更新したのだが,スペルチェッカーをかけようとすると,「辞書がありません.」というメッセージが出る.

スクリーンショット 2014 11 21 13 37 10

こちらのページによるとLyX Ver.2.0 以降では Aspell がサポートされなくなったかららしい.2.0.7 では使えていたのはどういうことだろう.

これまでは cocoAspell を使い続けていたのだが,特にこだわりがあるわけでもないので,これを機に MacOS 内臓のスペルチェッカーを使うことにした.LyX の環境設定の「スペルチェッカー」の「綴り検索エンジン」で「ネイティブ」を選択するだけだ.

スクリーンショット 2014 11 21 13 21 53これで入力している端からスペルミスが赤線で指摘されるようになった.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中